step2 step2

診断と検査について

合併症の検査

先端巨大症では全身にさまざまな症状があらわれるだけでなく、
種々の合併症も出現しやすいことから、その有無を確認することは大変重要です。
そのため、合併症を見つけるための検査を行うことがあります。

主な合併症と検査の一例

主な合併症 検査所見
糖尿病
(耐糖能異常)
血液を採取して、血糖値やHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)値を調べます。
高血圧 問診や血圧測定を行います。
脂質異常症 血液を採取して、悪玉(LDL)コレステロールや善玉(HDL)コレステロール、中性脂肪(トリグリセライド)を測定します。
脳血管障害
(脳梗塞、脳出血など)
CT(computed tomography;コンピューター断層撮影法)やMRI(magnetic resonance imaging;磁気共鳴画像)などにより、画像として脳の中を見ます。
悪性腫瘍(がん) 特に頻度の高い大腸がんでは便潜血検査(便を採取して血液が混ざっていないかどうかを調べる検査)や、場合によっては大腸内視鏡検査などを行います。
虚血性心疾患
(狭心症、心筋梗塞)
心電図検査(心臓の電気的興奮とそれがさめる過程を記録する)や心筋、心臓の弁の動きなどを診る心臓エコー検査などを行います。
睡眠時無呼吸症候群 基本的に入院にて、夜間の睡眠状態(眠りの深さや睡眠の質、呼吸状態など)を検査します。
胆・肝・膵臓検査 腹部エコー検査が行われます。
視力・視野異常 眼科で視力、視野の異常の検査が行われます。

ページの先頭に戻る

用語集

【睡眠時無呼吸症候群】
10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。日中の強い眠気や大きないびきなどの症状がみられます。放っておくと高血圧症、糖尿病、脂質異常症、不整脈、狭心症、心筋梗塞、脳卒中など様々な病気が引き起こされます。
【合併症】
ある病気が原因となって起こる別の病気で、必ず起こるものではありません。 例えば、糖尿病の合併症には動脈硬化や心筋梗塞などがあります。