Step1 Step1

見た目が変わるだけじゃない

先端巨大症によって起こる糖尿病

糖尿病は、血糖を調節するインスリンが不足し、働きが悪くなることによって慢性的に血糖値が高くなる病気です。

先端巨大症では、GHが過剰に分泌されることにより、インスリンの効きが悪くなり、筋肉や脂肪組織では糖が取り込まれにくくなることに加え、肝臓では糖が活発に作られるようになります。その結果、血糖値が常に高い状態となり、糖尿病になります。

糖尿病

用語集

【糖新生】
肝臓においてグリコーゲンが分解されてブドウ糖(エネルギー)が生成されることを糖新生といいます。グリコーゲンにはエネルギーを貯蔵する役割があり、通常は肝臓や骨格筋などに蓄えられています。