Step1 Step1

見た目が変わるだけじゃない

先端巨大症によって起こる睡眠時無呼吸症候群

先端巨大症では、舌や咽頭部の軟部組織が肥厚します。その結果、大きくなった舌が気道をふさいでしまうため、睡眠時無呼吸症候群になりやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群

用語集

【睡眠時無呼吸症候群】
10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。日中の強い眠気や大きないびきなどの症状がみられます。放っておくと高血圧症、糖尿病、脂質異常症、不整脈、狭心症、心筋梗塞、脳卒中など様々な病気が引き起こされます。